ヨガのその先へ、 ヨガトレ®
神戸・三宮の
ヨガスタジオ

ヨガで美尻になれない2つの落とし穴

こんにちは!

ヨガトレ®指導者UCOです。

UCO

 

『ヨガインストラクターは皆美尻説』

実はこれ実証・・・できないんです!

まじでーーーー!

 

ヨガでお尻が垂れる?!まさかの理由とは。

そもそも〝美尻筋〟を使っていない

例えばこちらのようなポーズ。

あなたはどこに力を入れていますか??

もし、『左脚(前の脚)の太腿前面』であれば間違いなく美尻には・・・なれません。

 

ちなみに足にかかる体重、重心はどんな感じですか?

小指側に重くかかっていますか?

 

それも・・残念ながら美尻筋が使えている状態とはいいがたいのです。

 

そう、そもそも美尻になるための筋肉を実は綱ってない方がこのポーズに限らず非常に多いです。

 

ヨガ風ストレッチになっている

そもそも、やっていることが全て「伸ばす、伸ばす」だけのストレッチになっていませんか?

これも落とし穴あるあるです。

 

勿論筋肉を伸ばすことは大切ですが、「伸ばしっぱなし」だったり、どんなポーズもその柔軟さに任せていたとしたら、

美尻どうこうだけでなく、実は怪我も招きかねない危険があります!!(ショック!)

 

ヨガで美尻になるための秘密

美尻筋を意識する

美尻になるためにはどの筋肉を意識すればいいの??

今回はその筋肉を一部ご紹介します。

 

「中殿筋」を意識する

中殿筋とはこちらの筋肉です。

美姿勢には必要不可欠なこちらの筋肉は、美尻にも重要な役割を果たしており、いわばお尻のインナーマッスルです。

ヨガやエクササイズの中でこちらの筋肉を意識することがミソ!

 

「ハムストリング」を意識する

こちらは所謂「太ももの後ろ・裏側」です。

例えば最初のこちらのポーズであっても、

後ろの脚のお尻~ハムストリングにかけてどれだけ意識が向いているかというのもミソになってきます。

 

具体的な使い方は・・・またすぐに知りたい方は今度または当スタジオレッスンをご受講ください。笑

 

要は正しく身体を使えているか?ということなんです。

使いやすいように身体を柔らかさに任せて使っていては、美尻にならないだけでなく、身体に癖がつくだけ。

 

使ってない筋肉は目覚めさせて、おかしな癖は取り除く。

 

もし手っ取り早く、ヨガで美尻になったり、綺麗な身体になりたい効果を得たいときは専用トレーナーを付けてパーソナルでがっつり行うのもおすすめです(^^)/

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました♡