産後ダイエットのポイントは骨盤周辺の筋肉を取り戻すことから!!で、それって産後いつからしたらいいのか?

こんにちは、産後もケツプリの名誉は守りたかったけど、実際はすーごいデブになっていた植田真由です。


妊娠前というか妊娠中の体重増加のない時の私。



で、産後の私。


このフェイスラインやばくないですか?いや、やばすぎやろ。

ヤバすぎたので記念にもっとヤバイ角度で撮ってみました。


えぐい。三段腹ならぬ三段顔。顔の下に顔、そして顔!です。

なんせ妊娠中16キロ太りましたからね。

でも太ったのは最後の1ヶ月で、臨月までは体重増加8キロ以内だったんです。

臨月から生まれてくるまでの1ヶ月強で8キロ近く太りました!

自分でもびっくり・・太るのは簡単ってこともよくわかりましたね。

何もせずに食べたいものを制限せず食べたい量食べてたら・・・1ヶ月で8キロ。

これがどんなふうに戻っていったかも含め、ひとまず経過を紹介していきますね!


●妊娠前体重47キロ 

●産前体重63キロ

●産後体重57キロ


何はともあれ産後20日あたりがこれです。

フェイスラインはスッキリ!体重はこのころ54キロ。



そして産後1ヶ月のころ。体重53キロ。

この辺りからは顔ではなくお尻にも注目してください。

この頃が一番お尻がぺちゃんこです。(その理由も後ほど解説します。)



産後4ヶ月。体重50〜51キロ。



ぱっと見、ピップは上がっているのですが、一度落ち切った裏腿(ハムストリングス)の筋肉がまだ戻り切っていないのでセルライトもボコボコだし、お尻と裏腿の筋バランスがまだ微妙で仕上がり切っていない状態です。



産後7ヶ月。体重49〜50キロ。

水着じゃなくてわかり辛いかもしれませんが・・お尻のラインはほとんど取り戻しています。裏腿の筋肉も戻ってきたので全体のバランスが整ってきた状態。




今は体重48キロ。ほぼ戻りました!(一番最近の写真・画質粗くてすいません)







ちなみにこちらは左2016年の私と右臨月デブの私。

裸で撮った写真なので絵で書いて水着を着せましたw



肩〜背中〜腰回り〜お尻〜太腿の全てが1.5倍。なのに見てください、お尻は上がってます!!!臨月デブでもスクワットやヨガトレをしていたのでお尻は上がっていました。


が!!それでも産後は筋肉が完全に落ち切り、出産後すぐ自分の裏腿を触った瞬間の恐怖は忘れられません。

「な、なんじゃこりゃーーーーー」と驚愕。



私は小学校〜高校までずっとバスケをしてきて、さらに高校卒業後はスポーツの専門学校へ進学し、趣味でトレーニングやヨガをし続けてきました。

なのでずーーーーっと運動しっぱなしの身体。筋肉が落ちきるなんて体験したことがなかったので、自分の肉体の変化、その質感に驚きと「やばい・・」という感覚が絶望的でしたよ。


そこで思ったんです。


「これ、こんな私(ずっと運動してきた)でも、ここまで筋肉量落ちるってことは、ほんまに運動してない人や筋肉ない人どうなるん?」って・・・

そりゃあ産後の身体ズタボロです・・とか、出産してから身体戻りません・・ってことになるわ!!!って。


母乳で痩せたとしても、そもそも筋肉がなく、さらに落ち切ってしまったら、母乳で痩せてるだけなので、母乳が終わったら残るのはただの脂肪のみ。そしてまたリバウンドスタート!でしょ。


産後の悩みの根本が何かってことも、出産を経験して、どれほど身体に変化が起きるのかを実体験できたのでよくわかりました。




この産後1ヶ月の私のお尻のように、筋肉が落ちると全て下に下がります。

重力に抵抗する力がなくなりますからね。


ここまで落ち切った筋肉・・・どこから強化し始めたかというと、私はやっぱりお尻でした。

と言うのも、骨盤の開きに伴って骨盤周辺や腰回り〜太腿の筋力低下が起こるので、骨盤を自力(筋肉)で締めるとこから始めたわけです。出産10時間後くらいから。


そのために必要なのが正しい姿勢と中臀筋のトレーニング!

正しい姿勢に必要なのは腹横筋と腸腰筋。そこは立っている時間、座っている時間、仰向けで休んでる時間、とにかく完全に睡眠している時間意外はお尻とお腹に意識を入れ続けて強化しました。

そうすると、会陰切開の痛みも1日で消え、同じ時期に出産した入院期間中の方はほぼ屁っ放り腰・外股歩きに比べ、私はスタスタまっすぐ歩いていました。


産後の回復力も怪物か!と思うほどで、助産師さんにも「すごいですね、でもほんと油断しないで」と言われていましたもん・・


産後1ヶ月経たずしてオンライン&スタジオ復帰し、周りからは大丈夫なの?と心配されていましたが、今に至って問題なし。大丈夫でした!


決して無理をしていたわけでもなくて、自分の身体とこれまでもずっと付き合ってきたので、どの程度無理したらよくないとか、どの程度逆に何もしないままだとやばくなるとか、そう言うことにも敏感だったお陰だと思います。



これに関しては、年月の関係と言うより、いかに意識的に日常を過ごしているかという意識の差であることがここ最近の(あくまでも私の取っている)データで出てきています。


●身体の使い方を理解している人=正しい姿勢を作れる人

●自分の心の偏りに気付ける人=自分を俯瞰できる人

●自己調整できる人=自分基準の無理をしないを知っている人


これが出来ている、または意識してしようとしている人は妊娠出産、そして育児への移行がスムーズで、壁にぶつかったり、ぶつかりかけても、その壁に頭を擦り続けて血を出すようなことはしていませんね。せいぜいかすり傷がタンコブくらい。




ではまとめていきますね。


タイトルに掲げた産後ダイエットのポイントは骨盤周辺の筋肉を取り戻すことから!!

→腹横筋・腸腰筋・中臀筋を強化しよう!


で、それって産後いつからしたらいいのか?→産後すぐから可能。


産後は安静に!と言うけれど、安静って何か知ってますか?

正しい姿勢こそが身体にとって一番の安静です。これはトレーニングではありません。

腹横筋も腸腰筋も中臀筋もただし姿勢を意識するだけで使います。

まずは意識から初めてください。どう意識するかわからない!!と言う方はヨガトレに最低4回通ってください。もしくはオンラインヨガを1ヶ月続けてください。



歪んだ状態は、身体に取って一番負担をかけ続けていることになります。


骨盤の前傾は会陰切開の傷跡も外に引っ張る力が働いて余計に痛む原因になります。

開いた骨盤をさらに外へ外へと広げてくれちゃうのも骨盤前傾が原因。

骨盤後景もどんどん腹部の筋力低下を起こし、肩甲骨の外転と肩関節の内旋を起こし猫背が進行します。ただでさえ育児で肩こり疲労が蓄積すると言うのに・・

この先が思いやられますよね・・


心も同じ。

偏った思考は心にずっと負担をかけ、マイナス思考をどんどん深めていきます。

気づいた時にはマイナス状態にいることに慣れてしまい、そこから抜け出せません。

人のせいにばかりして問題解決が一つもなされないまま、その状態から逃げる・・だから結局また同じような場面に出会す。

ダイエットも同じです。根本的な自分の癖や偏りを取り除かない限り、理想の体型は一生手に入りません。


最速に、楽に、簡単に、手っ取り早く、自分の身体も心もスッキリさせたくないですか?


そのためには自分をまず知ること!!

何かあった時にまずするのは「今の自分を見つめ直すこと」

これがリセット!!!


そこから、「じゃあどうすればいいか?」は見えてくるので行動に移していく。

これがインナーメイク!!!


ここまできたら、あとは自分がしようとしていることも、現状も、誰かの何かを気にすることもなく、自分が一番自分を理解しているので、全て自分の言葉で、自分らしく前にむいて歩んでいくことが出来ます。

それがインプットでありアウトプット!!!


HAPPYの根元には心と身体の健康があります。健康とは心と身体のバランスの取れた状態。

じゃあ健康ってどういう状態だとおもいますか?バランスって?



それを次回お伝えしますね〜〜( ◠‿◠ )



植田でした。




217回の閲覧
無料体験バナーnew01.png
LINEバナー01.png
online_button_sp.png
online_button_pc.png

yoga i.um -ヨガアイアム- 

〒650-0012

神戸市中央区北長狭通3-11-2 グランパレ元町トアウエスト B102

※スタジオへの営業・セールスのお電話・FAXはお断りしています。

営業時間 午前10時〜最終レッスン終了時間まで

定休日/火曜日・ムーンデイ(新月、満月)

©yoga i.um All Rights Reserved.

レッスン予約
体験レッスン
078-332-5544