クラウドスタジオ導入で得たことは思い合える心だったというお話

どうも、ヨガトレ創案者の植田真由です。



私たちは2018年からオンラインヨガ教室クラウドスタジオを運営していますが、今回コロナの影響で世界的にオンラインの普及が急速に伸び、今では当たり前になりつつありますよね。それでもまだ懸念している人も少なくはないオンライン。

これもなんでもかんでも導入すれば良いってもんじゃないので、もちろんその辺はご注意を!と思うのですが、それって何のために?誰のために?ってところをきちんと考えることができたら、オンラインをどう使うかの判断もすんなり出来るのではないかと思うのです。



そこで今日は、コロナ前からクラウドスタジオを導入してくださっていた企業様からのリアルなお声をシェアしたいと思います。




教育関係・介護関係の企業様です。


当初の導入目的は

教育関係企業→社員研修・現場での活用

介護関係企業→社員のリフレッシュ・リクリエーション


この2社の、コロナ期間を通して”導入していて良かった”と言ってくださった点が非常に似ていました。

それは、当初導入した時の目的は現場に活かせるという部分にあったが、実際に導入していて良かったと思たのは、社員の健康管理や保護者、利用者のご家族のメンタルケアにまで繋がり、クラウドスタジオがあったことで、この状況を乗り越えていけると前向き思考になれたことだと言ってくださりました。

人からありがとう!と言ってもらえる喜びの根元を再確認できたって!!


これって目的を超えて人を支えていると思いませんか?


何かを始める時、利益や見返りを考えてしまうかもしれないけど、利益も見返りも、まず根本的に「人を思う心」が大前提にないと始まらないと思うんです。


クラウドスタジオに限らず、これから何かの選択をしていく中でも同様。


クラウドスタジオを例にすると、クラウドをするメリットはなに?それで何が得られるの?ではなくて、「クラウドスタジオを社員のためにやってあげたいな」その気持ちだけで良いと思います。

その結果は必ずついてくると思うし、必然的に考える力も身につく、自己管理がきちんとできる、健康で軸のある人が増えると思います。



それそのものがどうこうではなく、それを選ぶその心がどうか?じゃないかなーーって。


今から特にそこは問われると思うんですよね。


アフターコロナ?ウィズコロナ?


どっちにしろ、大切なことって今に始まったことではなく、ずーーーーーと昔から一緒なんじゃないかなーーーーーって。



みなさん、どう思いますか?



58回の閲覧
無料体験バナーnew01.png
LINEバナー01.png
online_button_sp.png
online_button_pc.png

yoga i.um -ヨガアイアム- 

〒650-0012

神戸市中央区北長狭通3-11-2 グランパレ元町トアウエスト B102

※スタジオへの営業・セールスのお電話・FAXはお断りしています。

営業時間 午前10時〜最終レッスン終了時間まで

定休日/火曜日・ムーンデイ(新月、満月)

©yoga i.um All Rights Reserved.

レッスン予約
体験レッスン
078-332-5544